読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽かけ流し BGMを聴きながら

仕事の時に聴く、のんびりする時に聴く、なんとなく聴く、いつも日常にあるBGM

『The Asylum Years』 Judee Sill  とにかく切ないけれど、気持ちよく

The Asylum Years

The Asylum Years

 

  正直ほとんど知らない歌手でしたが、Amazonの評価が高かったので購入してみました。アマゾンの評価って外れも多いので、こういうのはかなり慎重にしないといけないのだけど、でもその頃、女性のボーカルに飢えていたので、失敗してもまぁいっかというくらいな感じで購入。

 しかし・・・。

 いい意味で期待を裏切られました。
 ものすごくいい。

 とにかく切ない歌声。

 そして自然なメロディ。

 聴いているととても気持ちが安らぐ。

 調べてみると、このJudee Jillという女性のボーカルは、とても波瀾万丈の一生を送っているようだ。10代で犯罪と麻薬の世界に入り浸るようになり、服役中にキーボードをマスターし、それからシンガー・ソングライターの道を歩み出したらしい。しかしその後の道のりも過酷で、1979年薬物過剰摂取によって35歳の若さで亡くなってしまったという。

 薬物をすることは許されないことではあるが、そこにしか救いを見出せなかった人生は、あまりに過酷で胸を引き裂くものであり、その魂を抱きしめたい気持ちに駆られてしまう。

 様々な人間の悲しみを経験し、薬物ではなく、キーボードと歌うことに光を感じ取ったその完成がつまった一枚。

 正直私は、初めて聴いた時、なんだか切なく涙が落ちてきた。今はBGMとして聴いている。ちょっと落ち込んだり、元気がない時、この歌は気持ちを落ち着かせて、そしてやる気を出してくれるのです。

 

やきいも

やきいも

 

 

 とっても居心地の良い声。のんびりとしたアコースティックな楽曲。おしゃれなカフェに流れていそうなところもいい。

 アルバムタイトルの「やきいも」という曲では、まさに“やきぃもぉ~ぉぉ~~、おいしぃやきぃもぉ~~”って歌われていて、微笑ましい。焼き芋というと日本人にとっては寒い冬をイメージしてしまうけれど、アルバムは夏にかけても秋にかけてもよさげです。

 こういうアルバムを聴くと、音がなくても音があるという、何も超絶テクニックで音をたくさん重ねなくても、とっても音が豊かにきこえるから不思議。最近だんだんと私はロックが聴けなくなってきたのだけれど、きっとこういう隙間があるような音が好きになったと同時に、その隙間の持っている“間”というものがわかるようになったのかもしれない。それは自分が音楽のことがわかってきたということではなくて、それだけ歳を取ってきたというのもあるだろうし、歳を取って、聴ける音楽の幅ができてきたのだろうと思う。

 


f:id:koganedou:20140321204658p:plain
f:id:koganedou:20140323222353p:plainf:id:koganedou:20140323222909p:plain

 

 

『We Get Requests』 Oscar Peterson

 

We Get Requests

We Get Requests

 

 

 ジャズに詳しい人はすさまじい。その奥深さがそのまま染み込んでいる生き字引のような人もいる。それほどまでに詳しい知識がないと聴いてはいけないのではないかと思うくらい、圧倒されてしまう。だからなのか、どうもジャズの雰囲気には敷居の高さを感じずいはいられない。だからジャズの記事はこっそり書いておきたいという感じがする。まぁ、どうせキラ星きらめくブログに比べれば、ここは場末なのだからそれほど気にすることでもないのだけど。

  ジャズのピアノといえば、自分が理解できるものとしてはビル・エバンス。BGMにはビル・エバンスがちょうど良い。だからたいていBGMとして聴いているジャズ系のCDはビル・エバンスが多い。外れも少ないし、癖がない。

 そこで新たなピアノを探そうと思って、このCDを購入した。

 奏者のオスカー・ピーターソンは、1925年生まれ(2007年没)。その旋律はとても軽快で、リズミカル。技巧もすごいが、技巧に走るだけの演奏ではなく、とにかく華麗である。調べてみると、「鍵盤の皇帝」という異名を持っていたという。

 BGMとして気分もよくなるし、音楽に引っ張られて作業効率が落ちるということもない。明るくなるし、BGMにはとっても相性が良いんじゃないかと思う。

 私のようにちょっとジャズに抵抗を感じている方にとっても、入門しやすい内容ではないでしょうか。ぜひともBGMの一つに加えてほしいものです。

 

f:id:koganedou:20140321204658p:plainf:id:koganedou:20140323222353p:plainf:id:koganedou:20140323222909p:plain

 

 

 

『Now the Day Is Over』 Innocence Mission

Now the Day Is Over

Now the Day Is Over

 

 

 AmazonであるアーティストのCDを検索していたところ、他の人はこんなものも買いました的なところにこのアルバムが出てきた。聴いたことのないバンド名。しかしジャケットがかわいくて、すやすや眠る寝息が聞こえてくる気がした。これはいいに違いないと思って購入。 

 まんまとAmazonの戦略に引っかかったわけだが、CDショップに行ってもジャケ買いっていうのもあるし、まぁいいだろうと思って商品が届くのを待った。輸入盤だったので少々時間はかかったけれど、無事に届く。 

 そこで早速かけてみる・・・。 

 ゆったり・・・。のんびり・・・。

 ボーカルはそれほど器用なタイプではないので、それほど抑揚がない感じ。しかし少女のような独特な、会話っぽい感じのウィスパーボイスでさらにささやくように歌うからなおのことのんびりする。ギターも音色が穏やか。密度が濃すぎないアルペジオがいい。最近こういった音の少ない楽曲が好みではあるけれど、その少ないが故に音が豊富に聞えてくるから不思議なんだ。 

 BGMとしては、ゆったりとした気持ちになって仕事をしたいときにおすすめです。よっしゃやったるで!みたいな気分にはなりませんけど、テンションを一定にしてのんびりやりたいときにおすすめです。

 

 

f:id:koganedou:20140321204658p:plainf:id:koganedou:20140323222353p:plainf:id:koganedou:20140323222909p:plain