読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽かけ流し BGMを聴きながら

仕事の時に聴く、のんびりする時に聴く、なんとなく聴く、いつも日常にあるBGM

『We Get Requests』 Oscar Peterson

 

We Get Requests

We Get Requests

 

 

 ジャズに詳しい人はすさまじい。その奥深さがそのまま染み込んでいる生き字引のような人もいる。それほどまでに詳しい知識がないと聴いてはいけないのではないかと思うくらい、圧倒されてしまう。だからなのか、どうもジャズの雰囲気には敷居の高さを感じずいはいられない。だからジャズの記事はこっそり書いておきたいという感じがする。まぁ、どうせキラ星きらめくブログに比べれば、ここは場末なのだからそれほど気にすることでもないのだけど。

  ジャズのピアノといえば、自分が理解できるものとしてはビル・エバンス。BGMにはビル・エバンスがちょうど良い。だからたいていBGMとして聴いているジャズ系のCDはビル・エバンスが多い。外れも少ないし、癖がない。

 そこで新たなピアノを探そうと思って、このCDを購入した。

 奏者のオスカー・ピーターソンは、1925年生まれ(2007年没)。その旋律はとても軽快で、リズミカル。技巧もすごいが、技巧に走るだけの演奏ではなく、とにかく華麗である。調べてみると、「鍵盤の皇帝」という異名を持っていたという。

 BGMとして気分もよくなるし、音楽に引っ張られて作業効率が落ちるということもない。明るくなるし、BGMにはとっても相性が良いんじゃないかと思う。

 私のようにちょっとジャズに抵抗を感じている方にとっても、入門しやすい内容ではないでしょうか。ぜひともBGMの一つに加えてほしいものです。

 

f:id:koganedou:20140321204658p:plainf:id:koganedou:20140323222353p:plainf:id:koganedou:20140323222909p:plain